ABOUT US

趣向

2010 年、オノマリコの一人ユニットとして発足。世の中の「難しいこと」を「難しいからおもしろい」にしたいと考えている。
2015年1月−2月、『奇跡の年 ANNUS MIRABILIS』(KAAT 神奈川芸術劇場) 『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』(シアタートラムネクストジェネレーションvol.7)と連続公演を行い、注目を集める。 2016年1月、マグカル・シアター in KAATに選出。
神奈川を中心に活動を展開中。


上演歴

2010

3月 『皇帝(STスポット)

9月 番外公演 趣向ワカヌ『蜻蛉玉遊戯(とんぼだまゆうぎ)(ギャラリールデコ)

2011

5月 『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話(KAAT大スタジオ)

2012

3月 『三月十一日の夜のはなし/わたしのお父さん(STスポット)

9月 『中也論 よごれたかなしみ(STスポット)

10月 『劇王X 神奈川予選』に参加(横浜中華街・同發新館)

2013

1月 番外公演 趣向ワカヌ『発表 ーいま、ここ。——(乃木坂Teater&CO.COREDO)

2014

4月 マグカル出前公演『神奈川県庁本庁舎大会議場短編演劇集』に参加(神奈川県庁本庁舎 大会議場)

11月 マグカル・シアター参加作品 『男子校にはいじめが少ない?』リーディング&中高生ワークショップ(神奈川青少年センター 多目的プラザ)

2015

1月 『奇跡の年 ANNUS MIRABILIS(KAAT大スタジオ)

2月 シアタートラム ネクスト・ジェネレーションvol.7 『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話(シアタートラム)

2016年

1月『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』 (KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ)

5月 趣向ジュニア『大阪、ミナミの高校生』 ※精華学園精華高等学校演劇部との共同創作 (神奈川県立青少年センター多目的プラザ)

11月『男子校にはいじめが少ない?』 (花まる学習会王子小劇場)


onomariko_prof

 

オノマリコ

趣向主宰・劇作家神奈川県藤沢市出身。東京女子大学文理学部哲学科卒。海の近くで育つ。哲学と短歌を好み、演劇とは無縁の学生生活を過ごしたのち、詩の出版社に入社。その後退社。ぽつりぽつりと戯曲を書き始める。
瑞々しく色彩豊かなセリフ、言葉で時空間を飛び越えようとする作風を特徴とする。
近年は高校生との作品創作や、エスノグラフィーの演劇化等「劇作家が世界でできること」を考えつつ活動している。「長島確のつくりかた研究所」研究員。「劇作家女子会。」メンバー。

 

 

 


略歴

2010

・「せりふの時代」55号に短編「キョウダイ」入選

2012
・日本劇作家協会「月いちリーディング」に選出

・『高校演劇サミット2012』村田女子高等学校「各駅」潤色

2013

・時間堂『テヘランでロリータを読む』上演(脚本提供)

・劇作家女子会×時間堂『劇作家女子会!』(メンバー・劇作)

・「長島確のつくりかた研究所」に研究員として参加

・王子小劇場「佐藤佐吉賞2013」優秀脚本賞受賞。

2014

・『高校演劇サミット2013』精華高等学校「ヘレニウム」潤色

・劇作家協会研修課松田正隆ゼミに参加。

・シアタートラム・ネクストジェネレーションvol.7に選出。

・「劇作家大会2014城崎大会」にて、高校生によるリーディング『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』上演。

2015

・『高校演劇サミット2014』成蹊高等学校「井の頭八景」潤色

・浅見臣樹一人企画「とみこのむすこ」(脚本提供)

・精華高等学校演劇部「恋するヨウカイ」(脚本提供)

・マグカル・シアター in KAATに選出。

2016
・「長島確のつくりかた研究所」が閉まる。

・映画24区により『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』東京・山形公演。(脚本提供)

劇評執筆:地域の物語2016『生と性をめぐるささやかな冒険』<女性編>

・『劇作家女子会R!WORLD PREMIERE』(メンバー・劇作)

・埼玉県立芸術総合高校演劇部が『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』第62回全国高等学校演劇大会(広島大会)にて優秀賞を受賞。国立劇場「全国高等学校総合文化祭優秀校東京公演」に選出され上演。(脚本提供)

・湘南パフォーミングアーツプロジェクト 旗揚げプレ公演 リーディング劇『泡 うたかた』(脚本提供)

2017年
高校演劇サミット2016 精華高等学校演劇部『大阪、ミナミの高校生』(脚本提供+α)