minami3o

【オノマリコ共同製作】精華高校演劇部『大阪、ミナミの高校生3』

『大阪、ミナミの高校生3』
精華高等学校演劇部 HPF 2018参加作品

日時:2018年7月21日(土)
開場:18:00/開演:18:30
会場:一心寺シアター俱楽
(〒543-0062 大阪府大阪市天王寺区逢坂2−6−13 B1F)

作・演出:オノマリコと精華高等学校演劇部

出演・スタッフ
精華学園精華高等学校演劇部
渥美一稀
木野博貴
田村恭子
辻川慎太郎
藤原樹訓
松尾絵里

石岡立己
温井 茜

勝山 光
北家真穂
来海柚乃
谷川萌香
戸田瑞樹
仁志菜々海

舞台監督補 :兵頭拓磨
顧   問:小松陽介
主   催:HPF実行委員会/大阪府高等学校演劇連盟

minami3u

 

◆入場料
中高生500円 一般1,000円
★:事前予約は承っておりません。開場は18:00予定。劇場定員を超えるご来場は入場をお断りする場合もございます。
★:中高生の方は受付にて学生証の提示をお願いいたします。
★:未就学のお子様はご遠慮いただいております。
★:上演時間は約70分を予定しております。上演後にポストパフォーマンストークがございます。
★:聴覚障害をお持ちのお客様に、事前に台本をお送りしております。
精華高等学校演劇部(小松):komao9684@yahoo.co.jpまで、お名前とご住所をおしらせください。

◆あらすじ
姉のマリーがとある事件に巻き込まれて以来、トムは心が動かない毎日を送っていました。ある日、友人のマークに連れられて、演劇部の二人の姉妹、内気なローラと明るいジェニーに会います。トムは二人に、マリーに何が起きたのかを聞かせます。「鮫に食べられた女の子」のお話を。

■「大阪、ミナミの高校生」とは?
劇作家のオノマリコが、精華高校演劇部員へインタビューを重ねながら構成していく作品シリーズ。2016年『大阪、ミナミの高校生』では「わたしの好きな場所」、2017年『大阪、ミナミの高校生2』では「恋とはどういうものか」というインタビューから作品を立ち上げた。三作目の今作では「わたしの一日/三十歳のわたしの一日」を部員それぞれが演じ、創作へと繋げている。

■精華高等学校演劇部
ブログ:https://blogs.yahoo.co.jp/seika_drama
Twitter:@seika_drama

■お問い合わせ
TEL:072-234-3391 (精華高等学校 演劇部顧問 小松まで)
MAIL: komao9684@yahoo.co.jp

20180605010559037

【脚本提供】岸田自由企画だいちのこぶんとおやぶんvol.1『SQUEAK SQUEAK』

俳優の岸田大地さんの企画にオノマリコが脚本を提供しております。

岸田自由企画 だいちのこぶんとおやぶんvol.1
『SQUEAK SQUEAK』
演出・出演:浅見臣樹、岸田大地
脚本:オノマリコ (趣向)
会場:IZUMO GALLERY(東京都新宿区喜久井町29-12 art BLD 地下1階)
公演期間:2018.6.13(水)〜6.17(日)

【タイムテーブル】
6/13(水)19:00
6/14(木)14:00/19:00
6/15(金)15:00/20:00
6/16(土)14:00/19:00
6/17(日)13:00/17:00
※上演時間は50〜60分予定です。

【チケット】※当日券はそれぞれ300円増し
一 般 (事前入金) 2500円
U-22割(事前入金) 2200円
高校生以下(当日精算)1000円

【チケット注意事項】
・日時指定。全席自由席。予約順の整理番号付。開場までにご来場の方を、整理番号順にご案内致します。開場後はご到着順のご案内となります。
・「前売」は事前入金となります。指定の銀行口座にお振り込みください(詳細は予約時の返信メールにてお知らせします)。
・大変恐れ入りますが、振り込み手数料はお客様のご負担になります。
・入金後のキャンセル等による返金は不可です。予めご了承ください。
・日時変更は承ります。残席状況にもよりますが、出来る限り対応致します。メールにてその旨をお伝えください。
・U-22は22歳以下の方が対象です。
・未就学児入場不可。
※ご予約は公演当日3日前の23:59まで承ります。
 (例)6/13(水)19:00の回→6/10(日)23:59迄
    6/17(日)13:00の回→6/14(木)23:59迄

【お問い合わせ】
《岸田自由企画》
メール:kishida.gu.kikaku@gmail.com

201806050105580ce

20180605010555e1e

28783602_1813726848679979_2640433216404050011_n

【オノマリコ共同創作】『大阪、ミナミの高校生2』

大阪府の精華学園精華高等学校演劇部と、オノマリコとの創作シリーズ。『大阪、ミナミの高校生2』が東京で上演されます。
今作は、生徒指導室を舞台にした、女子生徒による反省文をめぐるストーリーです。そこに、「恋」をテーマに高校生たちがつくったモノローグが加わります。
今期もすてきな作品になりました。ぜひご来場くださいませ!

精華高校演劇部・新座柳瀬高校演劇部
合同東京公演
『愛もない 青春もない 旅に出る』

【日程】
3月13日(火)18:30
3月14日(水)14:00 / 18:30

【会場】
シアター風姿花伝

【演目】
精華『大坂、ミナミの高校生2』
新座柳瀬『Merry-Go-Round!』

【出演】
精華高等学校演劇部、木内コギト(\かむがふ/)
新座柳瀬高等学校演劇部

【チケット】
一般 2,300円
U-20(20歳以下) 1,000円

公演詳細→stage.corich.jp/stage/89271

28872062_1813726852013312_3176373483038184_n28870449_1813726858679978_6382479829109885535_n

【オノマリコ制作協力】『-サテライト仮想劇-いつか、その日に、』

オノマリコが制作協力をしています。
今年度の高校演劇の全国大会で拝見した作品です。
演劇と地域、演劇と教育、演劇と個人、色々なものを含んだ、力強い作品です。ぜひ多くの方に見ていただきたいと思います。
iidate_big-768x576

福島県立相馬農業高等学校飯館校演劇部
『-サテライト仮想劇-いつか、その日に、』
作:矢野青史 演出:西田直人(福島県立相馬農業高等学校飯館校教諭)

原発事故による避難で福島市にサテライトを置く相馬農業高校飯舘校は、現在唯一残っているサテライト校。設置から6年目を迎えた同校には現在、飯舘村出身の生徒はほとんどおらず、大半は周辺の福島市の生徒だ。
本作は、そんな飯舘校が飯舘村に帰る日を「仮想」した。
反発するハルカ、 淡々と従うサトル、アルトリコーダーを吹き続けるユキ、そんな3人を見守るイクミ先生。翌々日に迫る校舎の閉鎖を前に、それぞれの想いは交錯する。

出演:菅野千那 髙橋夏海 菅野優歩 後藤滝翔
舞台監督:髙橋夏海
音響:半澤楓
照明:佐藤佳代子(福島県立相馬農業高等学校飯館校教諭)

日時:2018年2月11日[日] – 2月12日[月·祝]
   11日(日)  13:00/17:00
   12日(月祝) 13:00/17:00
   ※上演時間は約60分です。
会場:アトリエ春風舎
チケット発売:1月8日(月祝)
チケット取扱:CoRichチケット!

舞台監督協力:伊藤毅(青年団)
照明協力:井坂浩(青年団)
音響協力:櫻内憧海(無隣館) 
記録映像:濱中峻(青年団)
制作協力:オノマリコ(趣向)・太田 裕子(青年団)・井坂浩(青年団)

HP:http://www.komaba-agora.com/play/6703
Twitter:@satelliteiitate

DRu5H9uUIAEqW5M

【オノマリコ脚本】年の瀬変愛ドラマ

http://www.tv-asahi.co.jp/bored_jd/#/?category=drama

テレビ朝日系列(※一部地域除く)12月27日(水)深夜0:30〜 放送です。

DE3IP42UQAEwXFw

【オノマリコ参加】「わたし、産んでみたい」展

7月25日〜29日に東京・ターナーギャラリー3Fで開催される「わたし、産んでみたい」展の展示にオノマリコが参加します。

27日の13時〜/16時半〜「ポリアモリーの人生ゲーム」
17時半〜朗読劇「とみこのむすこ」
http://a.undemitai.tokyo/

matsugekisai22-

第22回まつもと演劇祭参加 趣向ジュニア『大阪、ミナミの高校生2』

作・演出:オノマリコ(趣向)と精華高校演劇部
出演:精華学園精華高等学校演劇部、木内コギト(\かむがふ/)
公演日程:2017年9月23日(土)〜24日(日)
会場:ピカデリーホール(長野県松本市大手4−7−2)http://piccadillyhall.jp/access/

「大阪、ミナミの高校生」はオノマリコと精華高校演劇部の共同創作のシリーズです。2016年度に神奈川、東京、佐賀、広島にて作品を上演しました。
二年目の今作は学生たちの生活と恋愛を、語りをまじえて描きます。

■ものがたり
大阪には「ミナミ」と「南」がある。「ミナミ」は都会で「南」は田舎。
わたしたちの学校は「南」にある。わたしたちは「南」にいる。
休日には「ミナミ」に行く。「ミナミ」は人が多い。楽しそうな人が多い。
わたしたちは「南」にいる。「南」はすこし寂しい人が多い。
タイムテーブル(趣向のみ)
9月23日(土)12:00/18:00
9月24日(日)12:00/16:00
(まつもと演劇祭では、9月22日(金)19:00からのシンポジウム「地域における演劇の意味」にもオノマリコが出場します。)

プロフィール
精華高校演劇部:大阪府堺市にある私立高校の演劇部。「呼ばれればどこでも行きます」をモットーに全国各地を飛び回る。イデオロギーの強いものからギャグコメディまで面白いものはなんでもやる。決まったスタイルがないのが精華高校演劇部のスタイル。2017年1月『大阪、ミナミの高校生』にて「高校演劇サミット2016」に出場(当時の部員の半分はすでに卒業している)。近年取り組んだ作品は『ファミリアー』(作:瀬戸山美咲)、『だれにも見せない打ち上げ花火』(作:朝田大輝)、『駱駝のため息』(オリジナル)など。武器はフワッとしてること、部員同士の距離が近くとても仲が良いこと。大阪のパワーを運んでいきます。長野県では初上演!

チケット
チケット発売日:7月20日
前公演共通パスポート(まつもと演劇祭の全ての公演が観劇できます)
一般(前売) 3,000円
一般(当日) 4,000円
学生(前売) 1,500円
学生(当日) 2,000円
○単券チケット(当日のみ販売)1,000円

■プレイガイド
・Confetti(カンフェティ)
TEL:0120-240-540(平日10時〜18時)
WEB:http://www.comfetti-web.com/matsumotoengekisai22
[前売り取り扱い]
・平安堂あづみ野店(直接販売のみ)
・井上プレイガイド(直接販売のみ)
・信州大学生協松本購買部(直接販売のみ)
[当日取り扱い]
・まつもと演劇祭本部(ピカデリーホール前特設ブース)
・まつもと演劇祭サテライトブース(市民芸術館小ホール前)
・池上邸蔵テントブース

まつもと演劇祭HP
https://matsumotoengekisai.jimdo.com

matsugekisai22-timetable

 

2016-05-02 14.41.21

2016-05-02 14.03.53

2016-05-02 14.34.18

大阪、ミナミの高校生』神奈川公演より、撮影:田中圭介

『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』が岸田國士戯曲賞にノミネートされました。

「他者の物語」というオノマリコにとって新しい試みに取り組んだこの作品が、
『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』が岸田國士戯曲賞にノミネートされました。
http://www.hakusuisha.co.jp/news/n17871.html

結果は2月27日に発表されます。

〈ダイジェスト映像〉

nora

【オノマリコ 脚本】2017年4月 舞台『野良女』

2017年4月に舞台化の宮木あや子さんの人気小説『野良女』にオノマリコ脚本参加いたします。

—————–
舞台『野良女』
演出:稲葉賀恵(文学座)
脚本:オノマリコ
音楽:オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)

出演:佐津川愛美 芹那 沢井美優 深谷美歩 菊地美香 他

日時:2017年4月5日(水)~9日(日)
場所:新宿シアターサンモール
詳細:舞台「野良女」公式サイト

%e3%80%90%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%bc%94%e5%8a%87%e3%82%b5%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%882016%e3%80%91web%e7%94%a8%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e7%94%bb%e5%83%8f

【オノマリコ 脚本】2017年1月 高校演劇サミット2016 精華『大阪、ミナミの高校生』再演

2016年5月に上演された、オノマリコ作『大阪、ミナミの高校生』高校演劇サミット2016にて再演されます。

—————–
高校演劇サミット2016
『大阪、ミナミの高校生』
: オノマリコと精華高校演劇部
出演:精華学園精華高等学校演劇部
日時:2017年1月7日(土)~1月9日(月・祝)
場所:こまばアゴラ劇場
詳細:高校演劇サミット2016

Next Posts